人工妊娠中絶

中絶手術について

妊娠継続が残念ながらできない場合には、人工妊娠中絶手術(中絶手術)を行います。この中絶手術は母体保護法に基づき都道府県の指定する医師が行うものと規定されています。当院は母体保護法の指定医であり、妊娠11週までの方を対象に中絶手術を行っています。中絶手術に関しては、その後、きちんと妊娠できるかどうかのご不安が大きいと思います。当院では、その点を十分に考慮し、独自の麻酔法と手法を用いることで、安全性が高く、お身体への負担も少ない手術を行っています。

早めの受診をおすすめします

月経が普段より2週間遅れている場合、あるいは月経の出血量が少ない・日数が短い場合には、すぐに受診してください。思わぬ妊娠では、パートナー同士がよく話し合って結論を出すことが重要です。そのため、妊娠している可能性がある場合には、できるだけ早くそれを確かめる必要があります。中絶手術という選択をする場合も、妊娠12週未満とそれ以降ではお身体やお気持ちへの負担が大きく違いますし、手術の手法や費用も変わってきます。さらに妊娠22週以降は中絶手術を受けることができなくなります。できるだけ早く受診して、まずは妊娠の有無を確認しましょう。

中絶手術を受けられる期間

妊娠は最終生理日から数えるため、実際に妊娠に気付くことができるのは生理が順調な方でも妊娠4~5週です。中絶手術は妊娠12週までに受けることが望ましいとされています。妊娠をパートナーに伝えるのが遅れてしまえば、それだけ話し合える時間も短くなってしまいます。12週を越えた場合は、死産届けを提出しなければならなくなり、お身体だけでなくお気持ちへの負担もかなり大きくなってしまいます。5~11週の間に中絶手術を受けた場合、個人差がありますが、ご来院から帰宅まで最短で3~4時間、手術時間自体は10分程度であり、母体にもほとんど影響なく行うことが可能です。

再度の中絶手術を避けるために

先進国の中でも、日本では中絶手術が多く行われています。これは、ピルが普及しておらず、避妊をコンドームに頼っていることが原因だと考えられています。コンドームの避妊率は97%とされていますが、低用量ピルの避妊率は99.9%にもなります。当院では、再度の中絶手術を避けるために低用量ピルの使用をおすすめしています。

TEL:047-378-5520 お問い合わせ
一番上に戻る
一番上に戻る
TELお問い合わせ
人工妊娠中絶サイトはこちら